2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 「過労死110番」(岩波ブックレット)の発刊          ―過労死等の遺家族救済の30年間の歩みを― | トップページ | 新型コロナウイルス感染と労災認定 »

2020年1月24日 (金)

過労死問題に全力投球した記者が宗教専門紙の社長さんに

今日(1月24日)の毎日新聞朝刊の「ひと」の欄に、過労死の集まりなどで顔を合わせることの多い、元サンケイ新聞の小野木康雄記者の人なつっこい顔をみつけた。
小野木さんは「過労死の国・日本」のシリーズで、過労死遺族の悲しみ、怒りとともに、それを防止すべき国・企業の対策のあり方と、過労死防止法制定について、鋭い視点をもって、熱のこもった記事をサンケイ新聞に掲載してきた。
過労死の遺族らから信頼され、忘年会では「アイドル」とも言うべき存在として、遺族の悲しみを癒やす存在であった。
小野木さんは記者から転進し、京都市の宗教専門紙である文化時報社の社長さんに就任したとのこと。
過労死という理不尽な死を遂げた方々への思いと遺族の心を宗教者の祈りにつなげ、過労死をなくし、働く人の尊厳が守られる世の中の一助となる記事に、これからも全力投球されることを期待しています。

Photo_20200124171201

« 「過労死110番」(岩波ブックレット)の発刊          ―過労死等の遺家族救済の30年間の歩みを― | トップページ | 新型コロナウイルス感染と労災認定 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「過労死110番」(岩波ブックレット)の発刊          ―過労死等の遺家族救済の30年間の歩みを― | トップページ | 新型コロナウイルス感染と労災認定 »